OK


新規ご入会でもれなく全員!

  1. ネットオフTOP
  2. 古本・中古本
  3. 文芸
  4. キャバレー (単行本)

すべてのカテゴリーを見る

書籍

  • 在庫あり
  • 中古のみ

キャバレー /単行本書籍

中古価格 139
買取価格 111
差引 28円でお楽しみいただけます
プレミアム会員とは
メール便対象

★すぐに使える100円引きクーポンプレゼント

×

LINE@友達登録で
100円引きクーポンプレゼント
予約待ち:0人あと2人受付中!
今すぐ予約を!入荷次第、お届け

キャバレー (単行本)

キャバレー (単行本) の詳細

出版社
: 文藝春秋
出版社シリーズ
:
ISBN
: 4163910253 (9784163910253)
サイズ
: 単行本
発売年月日
: 2019年5月1日

キャバレー (単行本) の商品紹介  (TSUTAYAオンラインショッピングより)

駆け出し芸人・綾小路きみまろは、雇われ支配人の多田や用心棒ヤクザの高橋に励まされてステージに立つ毎日。酔っ払い相手の漫談から、いつか売れる日を夢見るが…。70年代に花開いたキャバレーを舞台に綴る、笑いと哀愁とノスタルジー溢れる長編小説。

キャバレー (単行本) の著者情報

ビートたけし

ビートたけしは1947年生まれの日本の漫才師、お笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、芸術家。東京都出身。明治大学工学部機械工学科卒業。
「コマネチ」や「赤信号、みんなで渡れば恐くない!」等の生みの親。1972年に兼子二郎と共に漫才コンビ「ツービート(TWO BEAT)」を結成。その後、放送コードギリギリのネタや、ブラックユーモア漫才を繰り広げ、瞬く間に人気を博した。1983年の映画『戦場のメリークリスマス』にて俳優デビュー。1989年、自身が主演を努める映画『その男、凶暴につき』で北野武として映画監督デビューを果たした。
1994年にバイクの自損事故で九死に一生を得る。現在までに多くのレギュラー番組を抱え、コマーシャルなどにも多数出演。2009年に所ジョージとパロディー雑誌『FAMOSO』を創刊・発行。

同じ作家の商品

  • 先頭へ

文芸 週間売れ筋ランキング(07/01~07/07)

2024年7月8日時点の価格です。最新の価格は商品ページ・カートよりご確認ください。

送料無料まであとすこし!

  • 先頭へ

キャバレー はこんな本です。

関連する商品を探す

激安商品を探す

ネットオフ株式会社は、リネットジャパングループ株式会社の100%子会社です。リネットジャパングループ株式会社は東証マザーズに上場しています。