新規ご入会でもれなく全員!

  1. 古本・中古本の買取/通販のネットオフ
  2. 古本・中古本
  3. 文芸
  4. プルーストから村上春樹へ (新書)

すべてのカテゴリーを見る

書籍

  • 在庫あり
  • 中古のみ

プルーストから村上春樹へ /新書書籍

作家:
岡本正明
価格:
275円 (税込)

新品定価880円 → 605円おトク

  • メール便対象商品
  •  
  • 入荷メールに登録

★すぐに使える100円引きクーポンプレゼント

×

LINE@友達登録で
100円引きクーポンプレゼント
買取を申し込む

[送料無料!ネットオフ宅配買取] この商品をお売りいただけませんか?

お申し込み日にご自宅まで集荷! らくらく買取でお部屋スッキリ! 無料ダンボール箱プレゼント中!


初めて限定!最大10,000円UPキャンペーン

プルーストから村上春樹へ (新書) の詳細

出版社
: 幻冬舎メディアコンサルティング
出版社シリーズ
:
ISBN
: 4344927131 (9784344927131)
サイズ
: 新書
発売年月日
: 2020年1月1日

プルーストから村上春樹へ (新書) の商品紹介  (TSUTAYAオンラインショッピングより)

20世紀の文学は「時間」を、事実の連鎖としての「外的時間」ではなく、個人の心の持続性を表す「内的時間」として描くことを始めた。著者はこれを文学による「時間の発見」と捉え、その口火を切ったのはプルースト、ジョイスであったとする。第一部では、英米の作家を中心に、文学における時間の主題化を心理学的・哲学的アプローチで掘り下げ、第二部では美学上の問題に焦点を当て、ガルシア=マルケスやカフカなど、より幅広いエリアの作家を分析していく。そして20世紀を締めくくる作家として、村上春樹を取り上げ、彼が生み出した独自の時間表現の世界を読み解いていく。

目次 :第1部 二十世紀文学と時間(花咲く時間文学;永続性―プルーストのほうへ;過去と現在の同時的共存―フォークナーのほうへ;時間の相対性―トーマス・マンのほうへ;時間の非連続性―サルトルのほうへ;祝祭的時間(間主観的状況における時間の非日常性)―ロレンスのほうへ;死と時間(時間の有限性と不可逆性)―リルケのほうへ;結びにかえて―二十世紀後半の文学における時間);第2部 続・二十世紀文学と時間(方法としての時間;物語の時間;人物の生きる内的時間;具体的な作品に即して)

文芸 週間売れ筋ランキング(08/01~08/07)

2022年8月8日時点の価格です。最新の価格は商品ページ・カートよりご確認ください。

送料無料まであとすこし!

  • 先頭へ

関連する商品を探す

激安商品を探す

ネットオフ株式会社は、リネットジャパングループ株式会社の100%子会社です。リネットジャパングループ株式会社は東証マザーズに上場しています。

×