新規ご入会でもれなく全員!

書籍

  • 在庫あり
  • 中古のみ

詳細検索

作家
ジャンル
指定なし
サイズ
指定なし
価格帯
  • 円~
発行年
  • 年~
出版社
ISBN

絞込条件を閉じるclose

ああ面白かったと言って死にたい /新書書籍

作家:
佐藤愛子
状態:
中古品販売基準について
価格:
330円 (税込)

新品定価968円 → 638円おトク

  • ちょうど3点・6点・9点で送料無料対象
  • カートに入れる
  • かんたん購入

在庫あり 1~2日以内に発送

お気に入りに登録
NEW!値下げしたらメールでお知らせ!

★すぐに使える100円引きクーポンプレゼント

×

LINE@友達登録で
100円引きクーポンプレゼント
買取を申し込む

[送料無料!ネットオフ宅配買取] この商品をお売りいただけませんか?

お申し込み日にご自宅まで集荷! らくらく買取でお部屋スッキリ! 無料ダンボール箱プレゼント中!


初めて限定!2,000円UPクーポン

ああ面白かったと言って死にたい はこんな本です。

ああ面白かったと言って死にたい の詳細

出版社
: 海竜社
出版社シリーズ
:
ISBN
: 4759312669 (9784759312669)
サイズ
: 新書
発売年月日
: 2012年7月1日

ああ面白かったと言って死にたい の著者情報

佐藤愛子

佐藤愛子は1923年生まれの日本の小説家、エッセイスト。大阪府出身。甲南女子高等学校卒業。
1950年、同人誌「文藝首都」に参加。翌年、モルヒネ中毒で療養中だった夫が死去。1953年、病院で勤務する傍ら、田畑麦彦、川上宗薫らと同人誌「半世界」を制作。1962年に最初の著作『愛子』を刊行。
1963年に『ソクラテスの妻』『二人の女』が芥川賞候補となる。1969年には『戦いすんで日が暮れて』で第61回直木賞を受賞。戦後の世相を激しく批判する言動から「憤怒の作家」として知られ、小説の他にもエッセイを刊行。事件や身の回りの人物をユーモラスに描く。主なエッセイに『娘と私シリーズ』等。
【主な受賞作品】

佐藤愛子のほかの古本・中古本を探す

  • 先頭へ
  • 前へ
  • 次へ
  • 最後へ

left

right

右下 左下

ビジネス書 週間売れ筋ランキング(10/14~10/20)

2019年10月21日時点の価格です。最新の価格は商品ページ・カートよりご確認ください。

関連する商品を探す

激安商品を探す

【ああ面白かったと言って死にたい】などの古本、中古本の買取や購入は日本最大級のコミック通販サイト ネットオフをご利用ください。

ご自宅で本の買取が依頼できる『本&DVD買取コース』や『ポストにポン買取』など宅配買取サービスも充実。

古本のほかにも中古CD/DVD、中古ゲームなど40万タイトル/100万点の品揃えで、3,000円以上で送料無料!

リネットジャパングループ株式会社は東証マザーズに上場いたしました。

�~