新規ご入会でもれなく全員!

  1. 古本・中古本の買取/通販のネットオフ
  2. 古本・中古本
  3. 文芸
  4. 放課後はミステリーとともに(鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ 番外編) (単行本)

すべてのカテゴリーを見る

書籍

  • 在庫あり
  • 中古のみ

放課後はミステリーとともに(鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ 番外編) /単行本書籍

作家:
東川篤哉
状態:
中古品販売基準について
価格:
110円 (税込)

新品定価1,650円 → 1,540円おトク

タダ本会員なら無料!

  • タダ本対象
  • メール便対象商品
  • カートに入れる
  • かんたん購入

在庫あり 1~2日以内に発送

お気に入りに登録
NEW!値下げしたらメールでお知らせ!

★すぐに使える100円引きクーポンプレゼント

×

LINE@友達登録で
100円引きクーポンプレゼント
買取を申し込む

[送料無料!ネットオフ宅配買取] この商品をお売りいただけませんか?

お申し込み日にご自宅まで集荷! らくらく買取でお部屋スッキリ! 無料ダンボール箱プレゼント中!


初めて限定!最大10,000円UPキャンペーン

放課後はミステリーとともに(鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ 番外編) (単行本) の詳細

出版社
: 実業之日本社
出版社シリーズ
:
ISBN
: 9784408535845
サイズ
: 単行本
発売年月日
: 2011年2月1日

放課後はミステリーとともに(鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ 番外編) (単行本) の商品紹介

エアコンのような名前だといわれるとキレる高校生、霧ケ峰涼は鯉ヶ窪学園の名探偵である。彼女の周辺にはなぜか事件が多発する。校舎から消えた泥棒、クラスメートと毒入り珈琲一族との関わり、校外学習のUFO騒動――。謎に挑む探偵部副部長・霧ケ峰涼だが、ギャグが冴えるばかりで解決になかなか進まない。果たして彼女は謎を解決できるのか?キレがあり、テンポが良く、それでいてコミカルな文体で笑いどころが満載のユーモアミステリ。

放課後はミステリーとともに(鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ 番外編) (単行本) の著者情報

東川篤哉

東川篤哉は1968年生まれの日本の小説家、推理作家。広島県生まれ。岡山大学法学部卒業。
大学卒業後は、ガラス瓶メーカーに勤務するも26歳で退社。アルバイト生活となる。1996年に「東 篤哉」の名義で小説の投稿を始め、2002年『密室の鍵貸します』でKappa-One登竜門の第一期として有栖川有栖の推薦を受け本格的に作家デビュー。
2010年発表の『謎解きはディナーのあとで』がシリーズ累計320万部突破し、一気にベストセラー作家となる。
【主な受賞作品】
【主なメディア化作品】

同じ作家の商品

  • 先頭へ

left

right

2022年8月15日時点の価格です。最新の価格は商品ページ・カートよりご確認ください。

送料無料まであとすこし!

  • 先頭へ

放課後はミステリーとともに(鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ 番外編) はこんな本です。

関連する商品を探す

激安商品を探す

ネットオフ株式会社は、リネットジャパングループ株式会社の100%子会社です。リネットジャパングループ株式会社は東証マザーズに上場しています。

×