OK


新規ご入会でもれなく全員!

  1. ネットオフTOP
  2. コミックセット
  3. 復刻・愛蔵・文庫漫画、コミック
  4. 【全巻セット】ぼくの地球を守って 【文庫版】 <全12巻セット> (文庫版)

すべてのカテゴリーを見る

コミックセット

  • 在庫あり
  • 中古のみ

ぼくの地球を守って 【文庫版】 <全12巻セット> コミックセット
作家:日渡早紀

中古価格 2,598
買取価格 2,078
差引 520円でお楽しみいただけます
プレミアム会員とは
<在庫残り1点!>
送料無料

★すぐに使える100円引きクーポンプレゼント

×

LINE@友達登録で
100円引きクーポンプレゼント

ぼくの地球を守って 【文庫版】 <全12巻セット> (文庫版)

【全巻セット】ぼくの地球を守って 【文庫版】 <全12巻セット> (文庫版) の詳細

出版社
: 白泉社
出版社シリーズ
: 白泉社文庫
ISBN
:
サイズ
: 文庫版
発売年月日
:
備考
: 初巻情報

※セット商品については、構成商品ごとに品質基準内でのばらつきがある場合がございます。

【全巻セット】ぼくの地球を守って 【文庫版】 <全12巻セット> (文庫版) のセット内容

ぼくの地球を守って 【文庫版】 <全12巻セット> (文庫版) の紹介・あらすじ

ぼくの地球を守っては、日渡早紀作による少女漫画。1987年より「花とゆめ」にて連載、1994年に完結。1998年より発売された文庫版は全12巻。
生まれ変わりを題材に、前世を巡り時を越えた恋愛や謎などを描いたSFラブストーリー。
北海道から東京の高校へと転入した坂口亜梨子(ありす)は、同級生である小椋迅八、錦織一成と夢を共有していることを知る。夢の中での彼らは科学者であり、他の仲間と共に月の基地で地球を見守っていた。しばらくして亜梨子はリアルな夢を見たことで、自分の名が「木蓮」だったことを知る。
1993年にシリーズ化し、OVAが制作された。発行部数は1560万部越える。
1993年よりOVAがリリース。全6話。2003年11月からは「別冊花とゆめ」にて続編となる『ボクを包む月の光』が連載開始。

【全巻セット】ぼくの地球を守って 【文庫版】 <全12巻セット> (文庫版) の著者情報

作家情報


日渡 早紀(ひわたり さき、1961年7月5日 - )は神奈川県出身の漫画家。早稲田大学第二文学部卒。

1981年、「魔法使いは知っている」で白泉社の第6回アテナ大賞第2席を受賞。この作品が1982年『花とゆめ』(白泉社)第4号に掲載され、デビュー。なお、この作品は早紀シリーズ第1話として位置付けられている。

代表作に『ぼくの地球を守って』など。

出典: Wikipedia

復刻・愛蔵・文庫セット 週間売れ筋ランキング(07/01~07/07)

2024年7月8日時点の価格です。最新の価格は商品ページ・カートよりご確認ください。

コミックセット 週間売れ筋ランキング(07/01~07/07)

2024年7月8日時点の価格です。最新の価格は商品ページ・カートよりご確認ください。

復刻・愛蔵・文庫 週間売れ筋ランキング(07/01~07/07)

2024年7月8日時点の価格です。最新の価格は商品ページ・カートよりご確認ください。

関連する商品を探す

激安商品を探す

ネットオフ株式会社は、リネットジャパングループ株式会社の100%子会社です。リネットジャパングループ株式会社は東証マザーズに上場しています。