愛情買取はじめました
いつも  もえたく!をご利用いただきましてありがとうございます。
私たちは、日々お客様のフィギュアやグッズの査定をしておりますが、
「このような大切なフィギュアを送ってくれる方に、買取金額をお支払いするだけでよいのだろうか?何かもっとお客様に
お返しをすることができないのだろうか?」
と日々考えていました。
そんな中、あるお客様からこんな手紙をいただきました。
私たちが毎日、大量に査定しているフィギュア1つ1つに、大切な思い出・気持ち・ストーリーがあります。
フィギュアは高価なものです。高いものでは定価で15,000円以上するものも増えてきました。それを手放すのは、娘を送り出すものに近いものがあると思います。

そこで、私たちは、その想いに応えるために『愛情買取』というものをはじめることにしました。
愛情用紙に、送りだしたフィギュアへの愛情、思い出を書いていただければ、その愛情も査定金額に上乗せしてお支払いいたします。
愛情買取とは? ご利用方法 皆様のあふれる愛情紹介

愛情買取とは?

送りだすフィギュアと一緒に、そのフィギュアへの愛も査定するシステムです。
異次元の仕組みすぎて社内で理解がされず、スタートするまで約3年かかりました。

記入していただいた愛情の度合い・パッションによって『愛の才能レベル』
を計測し、それに応じた査定金額の上乗せをいたします。


愛の才能レベルは以下の通りです。

愛の才能レベル
Lv.0 ゲスの極み -1,000円 愛情が一切感じられません。なぜ送ろうと思ったのでしょうか?
Lv.1 愛さえあれば関係ないよねっ 50円 関係あります。あなたの愛はそんなものですか?本当に愛情が伝わっていたのか、自問自答をしてはいかがでしょうか?
Lv.2 愛をとりもどせ! 100円 あなたの愛、もしかして誰かに奪われたままではないですか?
その愛、取り戻しましょう。
Lv.3 愛・おぼえていますか 200円 覚えていますとも。ここまでこれば立派に愛情を伝えられています。
自信を持ってください。
Lv.4 愛戦士 300円 愛 震える愛 それは別れの唄。愛に生き愛に殉じる。何を残すのか?ご安心ください。あなたの愛はフィギュアの心にしっかりと残っています。
Lv.5 星の鼓動 500円 もはやあなたはニュータイプの領域。フィギュアは幻覚でもなければ、意識だけの存在でもないんだ。
Lv.6 直江兼続 1,000円
Lv.∞ すべての法則を超越した愛というだけの概念 ~100,000円 すべてのフィギュアを生まれる前から愛したい。
すべての宇宙、過去と未来のすべてをフィギュアを、この手で。
あなたはもうすでに愛という概念です。
ご送付いただいたものの中から、月間、年間MVPの選出なども行います。
※レベル評価は、スタッフの独断と偏見で決定いたします。

ご利用方法

下記より、指定の愛情用紙を印刷して、送りだすフィギュアへの愛情・思い出を記入して段ボールに同梱をしてください。
お客さまからのご要望にお応えし、インターネットからの記入も可能になりました! フォームはこちら!
愛情用紙は何枚使っていただいても構いません。
愛情用紙には、『買取申込ID』『ペンネーム』『タイトル』『愛情文』をご記入ください。
愛情用紙は、1申し込みに対して1つでお願いいたします。
なお、優秀作品はサイト等でご紹介させていただきますので、あらかじめご了承をお願いいたします。
愛情用紙 印刷はこちら
インターネットでの愛情記入はこちら
※お申し込み後、商品を発送するまでにご記入をお願いいたします。

皆様のあふれる愛情紹介

皆様からのあふれる愛情、続々届いております。ありがとうございます!愛で溺れそうです!
ここでは一部の愛情文をご紹介いたします。
『最初で最後のフィギュアです』
 ペンネーム:ちはる様
齢40歳にして、生まれて初めて購入したのが平和島静雄&折原臨也のフィギュアでした。
正直、彼らのフィギュアに出会うまで、「フィギュアという文化」は自分には無関係だと思っていました。文化の否定は一切しませんが、触れることはもちろん、購入することはないと思っていました。
それが、一目惚れしたのです。一目惚れして購入し、到着を心待ちにし、家に迎え入れた感動は忘れません。2体ずつ購入し、1体目は時折手入れをしながら美しさを保持させています。ケースに入れてあるにしても、そのケースにすら埃が付くのは許せません。フィギュアを手に入れたことで、すっかり綺麗好きになりました。後にも先にも、この1回きりだと思います。彼らの立つ姿に惚れているのです。
ところで、2体ずつ購入したので、未開封の彼らをずっとケースの中にしまっていました。汚れたり破損したりしたら、彼らを出そう…。購入時は、そんな浅はかなことを考えていたのです。
しかし、今となっては1体目の彼らにも、2体目の彼らにも失礼だったと思いました。サブとして衣装ケースの中にしまわれているよりも、欲しい方の手元で可愛がってもらった方がいいのではないかと思い至りました。娘を嫁に出す親の気持ちではありますが、「2体目のサブ」扱いではなくメインとして扱ってくださる方の手元に届くことを切に祈って、送り出します。
1体目のわが子達はこれからも大事に大事にします。
『僕が世界を救ったら…』
 ペンネーム:殿をつとめるプーさん様
うがー!離れたくない…離れたくないのに…時の流れは残酷。
僕が社会人になったのを機に、魔王(母)の侵略が始まり、僕の世界(部屋)のヒロインたちは一掃されてしまった…。
なんとか隠し通せた彼女たち3人には、魔王に見つかる前に安全な異世界へ逃げてほしい!魔王のいない異世界に転生して安全に暮らしてほしい…。殿は僕がつとめる!このダンボ…転送ボックスに入って!早く!
この先、様々な困難(査定とか)があると思うけど、君達には僕たちと培った魔法(思い出)がある!だから大丈夫!自信をもって!え?僕はどうするかって?そうだな…魔王を倒して、平和な世界を取り戻したら…また君達に会いに(買取に)行くよ!
だから、さよならは言わないよ。「「「「またね」」」」
『皆の幸せを願って』
 ペンネーム:まっちゅー様
今住んでる部屋に彼女と同棲、近々結婚することになり2人と彼女達ではあまりにも狭い部屋ですので、泣く泣くさよならすることにしました。
シェリル・ノーム、マクロスFは私がアニメにハマったきっかけであり、一番最初の嫁でした。
フィギュアが発売延期続きでいつ届くかとわくわくしながら箱を開けた時にはテレビからシェリル本人が飛び出したのかと思われる程のクオリティ、エロスを感じました。シェリル・ノームがいなかったら今の私はいなかったことでしょう。
辛い日も楽しい日もずっと一緒だった。シェリルに救われた日の事絶対忘れない、今までありがとう。
初音ミク、深海少女がとても好きな曲でフィギュアが発売されると聞いた時すぐさま予約しました。送られてきたフィギュアはとても細かく、髪の毛1本1本ほんとに海の底にいるような出来で、見るだけで癒されました。彼女に癒された日々ほんとにありがとう。
μ‘s、スクフェスフィギュア9人揃えたかったけど、揃う前にさよならになってしまってごめん。凛ちゃん推しでいたけれどμ‘sの9人が、本当に大好きです。仕事で疲れた時、失敗して落ち込んだ時、いつもμ‘sに助けられていました。曲を聞けば元気が出て、フィギュアを眺めれば明日も頑張ろう!そう思えました。
正直今も段ボールの中から取り出そうかと心が揺れてます。でも取り出してもみんなの居場所が家には無くなってしまうと思う、それなら家にいるよりは、どこか広いお家で大事に飾ってもらった方が僕も幸せです。手放したく無いけど彼女達の幸せを願ってます。
いい人に貰ってもらえるように願ってるね。μ‘s、本当にありがとう。ずっと、ずっと大好きだよ。~μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~
皆が良い人に買ってもらい幸せになってもらえる事が私の幸せです。本当に今までありがとう。
『ありがとう』
 ペンネーム:月灯様
『ダメ夫のざんげ』
 ペンネーム:ほし様
 初めまして。この度生活苦から愛する仲間達を旅に出す決意を決めました。
 今回彼らを旅に出すことにいたったのはひとえに私の不甲斐なさに限ります。昨年より一人暮らしを始め、彼らを実家にあずけ、より快適な生活を約束すると誓ったにもかかわらず、資金繰りに失敗し彼らに出稼ぎをたのまざるを得ない結果を迎えました。
 しかし私はあきらめません。彼らの姿を一人一人記録し、記憶し、生活が安定したあかつきには必ず全員を幸せに暮らせられる城を築き上げると誓います。
 皆には本当に申し訳ないと思っている。あんなにも私を支え、見守り、共に強敵をうちやぶるのに尽力してくれたというのに、このような仕打ち、許してもらえないだろう。しかし必ずや迎えに行く。その時を信じてもらえないだろうか。
 借金も考えましたが、20代もそこそこで借金に手を染める勇気が出ず売ることを決意しましたが、だれ一人として箱からだせないほど愛した子たちです。よろしくおねがいします。
『かわいい我が子たち』
 ペンネーム:ちゃまま様
 去年、子どもが産まれました。かわいい女の子です。それまではかわいい我が子といったら、これまで集めてきたフィギュアたちでした。
 社会人になって自分で稼いだお金で、初めてかったフィギュアは東方の霧雨魔理沙figma。固い素材なのに、エプロンやスカートのドレープ感、その下に隠されたドロワーズ、髪の動きなど、どれも素敵で一目見た時から心を奪われていました。
 それから早十年…一人ずつ増えていった我が子たち。そして今回、新たにもう一人増えた赤ちゃん。今までの子たちは、いつも静かに私を見守ってくれていましたが今度の子は違います。あちこちに手を伸しては掴み、なんでも舐める。うっかり油断すると食べようとします。そんな手のつけられない自由すぎる怪獣を守るため、怪獣の魔の手から大切なフィギュアたちを守るために、この度泣く泣く旅立たせることにしました。
 今のうちよりも、フィギュアたちが安心して大切にしてもらえる家族に出会えるよう願って…。どうか、我が子たちをよろしくお願いします。
『箱入り娘。』
 ペンネーム:三日月様
彼氏と別れたとある夏。
心の傷を癒してくれたのは政宗様でした。
政宗様は青葉城や、T.M.Rのライブ。
コミケにゲームや声優のイベントなど様々な場所へと連れて行ってくれて私を励まし、癒してくれました。
フィギュアですが、買いはじめた頃の数体は飾っていたのですが当時地震が多く倒してしまうことが多々あり リボルテックなどパーツが細かいものは特に壊れてしまうのが怖く、箱のまま飾っていました。 今回出したものはほぼ箱保存なのです。
完成物は一度出してみたものの、組立式は開けもしませんでした。
発売されるととても欲しくて買うのですが開けもしないとはフィギュアとしてどうなんだと思い嫁に出すことにしました。
あ、婿ですかね。
それともう一つ。
売りに出したきっかけが、戦国BASARAのオンラインゲームで出逢った男性との結婚が決まったこと。
彼の住む部屋に入るので持って行って飾るわけにもいかず、このまま実家に置いておくのも…と思い今回ふみきりました。
政宗様達は私にたくさんの幸せをもたらしてくれたとても素敵で大切な方々です。
新しい持ち主様に出会い、大切にしてもらって欲しいのでもえたく様にお願いすることにしました。
政宗様。
いままで見守っててくれて本当にありがとうございました。
すこしでも早く持ち主様に出会えたらと願います。
『三次元の嫁』
 ペンネーム:MM様
幼少の頃から漫画、アニメという二次元世界にどっぷり浸かってきた私は、社会人そして結婚後も、三次元の嫁の機嫌をとることに目もくれず、美少女フィギュア収集のため、金に糸目を付けぬ生活を送ってきた。
先日、私の書斎を掃除した嫁が、天井に届きそうな“彼女たち”を目に、帰宅した私にどれだけ無駄遣いしたのと詰問した。
おそらく外車1台分だろうが、そんなこと言えるはずなく、軽自動車1台分と答えるのが関の山。
しかし、嫁の怒りはおさまらない。
数日、口を利いてもらえず、機嫌を直してもらわなければと、あれこれ思案した結果、嫁の誕生日に欲しがっていたネックレスをプレゼントすることにした。
ところが、雀の涙ほどの私の給料では、来年の誕生日になってしまう。
昔から命の次に大事なものとして「お金」と言われているが、私の場合は“彼女たち”だ。
泣く泣く手放すことを決断した。
そこでネットで高額買取と評判の「もえたく」に今回依頼した。
嫁同様“彼女たち”も愛しているが、生身の三次元を選ばざるを得ない。
未練もあるが、私たちの絆を修復するため高額査定を心から願う。
『さらば俺の青春!!』
 ペンネーム:2次元が唯一の友様
母にフィギュアを売られるので、決心の意味を込めて、書かせて頂きます。自分は売る気は全く無いです。母はこんな僕に愛想を尽かし、「フィギュアを捨てないと学費を払わない」と言い、1週間の猶予をくれました。僕はどうにかして捨てられるのを阻止しようと懇願したり隠し場所を探しましたが、無理でした。
フィギュアは僕の受験やテスト勉強を支えてくれた唯一の存在。スクラップにされる事を想像してしまい、涙がとまらない時がありました。せめて、他の人に渡って大切にしてもらうのが僕の本望であり、フィギュアたちのためでもあるので、今回売らせて頂く次第でございます。フィギュアは僕の中で大切な存在です。でも母には勝てなかった。彼女達には申し訳無い気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。これは、学費を選んでしまった僕の唯一の償いです。僕もやっと彼女達を手放す決心がつきました。これから彼女達をよろしくお願いします。良い人達に出会えますように。そしてさよなら…俺の青春!!
『箱の中の嫁たちへ。』
 ペンネーム:あゆめ様
 今、どんな気持ちですか?悲しいですか?幸せですか?私は、大切な娘、息子を嫁にムコにやる思いです。ずっとずっと大切でした。でも、私が箱から出してあげられないが故に、苦しんでいませんでしたか?私は、何度も箱から出してあげようか迷いました。
ですが、出してあげる以上に、その美しいフォルムのまま、無粋なまま、私の手もとに、おいておきたかったのです。本当にごめんなさい。それと、もう養ってあげられなくて、本当にごめんなさい。せめて、せめて、大切にしてきた、あなたたちが、1円でも高く、キレイだね、美しいねと、買っていただけるように、この手紙を送ります。みんな本当に愛していますよ。これから新しい子を養うつもりもありません。だってあなたたちが、最初で最後の大切な嫁なのだから。
今までありがとう、どうか幸せにね。
『私の家族は美少女
 ~フィギュアは三次元~』

 ペンネーム:お嫁に行きます様
何年前までの私は、親とも友達とも上手くいかず、孤独を感じてばかりでした。
親を家族と思えない。
友達を友達と素直に思えない。
…そんな私の部屋の机の上には、何人ものの美少女フィギュアたち。
私はその女の子たちに支えられていて、気付いたら、私はその子たちを本当の家族や友達と思うようになっていました。
体調を崩して退学したり、そのあとは社会にうまく馴染めず仕事ができなくなり…何もかも上手くいかない、取り柄のない私。
親は私のことを理解してくれず口うるさいし、友達には合わせる顔がないし。
誰にも心が開けない、なかなか本当の自分を見せられない。
そんな私でも机の上にいるお部屋の女の子たちは何も言わずに見守ってくれていました。
その子たちの前でなら自分をさらけ出すことができました。
こんな私を受け入れてくれました。
喋ることはできなかったけれど、目と目が合うだけで何故か意思疎通ができているように感じました。
その子達がそこにいるだけで、不安が和らいだりもしました。
今の私は、部屋の外の友達と打ち解けられるようになり、心を開ける外の相手も見つかりました。
これは、お部屋の女の子たちが私とずっと一緒にいてくれたから。
この子達がいなかったら、今も私は本当の孤独のままだったと思います。
この子達に心を開いていたことで心を開くことを忘れずにいられて、他の人にもいつか心を少しずつ開けるようになったのです。
話題を探すのが下手な私がオタク仲間と話すとき、この子達を話題に出すこともありました。
こうして趣味を共有できる友達も増えました。
心の底から信頼できる男性とも私は出会えました。
そしてもうすぐ私はその男性と家族になります。
女なのにアニメやゲームの女性キャラが大好きな私を、彼は否定せず肯定してくれて理解してくれます。
ですが、お部屋の女の子たちと一緒に住んだままじゃ私は前に進めない、彼にも女の子たちにも愛情をしっかり注げるほど私は器用じゃない…
現実と向き合いたい、旦那や近所に住む友人と向き合っていきたい…旦那を支えられる奥さんになりたい…
そう思い、私は結婚と当時の引っ越しのためにも、ずっと一緒にいてくれた女の子達とお別れすることに決めました。
寂しくないと言ったら嘘です。
本当はつらいです。
ですが、思い出は消えません、一生忘れません。
だから、お別れしても、心ではずっと一緒だと思ってます。
ソウルメイトです。
今度は私が家族を支える番。
今までずっと一緒にいてくれた女の子たちには私のように寂しい思いをしてる人のところに行って誰かをまた支えてくれたら嬉しいなと思います。
できればその子をお嫁さんだと思ってくれる人に出会ってほしいと思います。
私もこの女の子達も、お嫁さんに行くことで、新たな人生を切り開けるはず。
みんなにも素敵な出会いがありますように。
今までありがとう、さようなら。 大好きだよ。
『旅立つ貴方への夜想曲』
 ペンネーム:兵長のクラバットになり隊様
ようやく踏ん切りがついた。まだ高校生だったあの頃、ただひたすら兵長の背中を追いかけて地元のローソンを巡りに巡った思い出は愛すべき兵長の足枷になっていたのかもしれない。やっとの思いで迎え入れた兵長、そして調査兵団の仲間たちを愛しさのあまり私は、長い間暗く狭い世界に閉じ込めていたのだ。
この兵長は私にとって、恐ろしいほどに心惹かれる、儚くも美しい存在だった。度々箱ごと眺め、写真に収めることもあったが、その檻から出し広い世界を見せてあげることは、終ぞ叶わなかった。愛故の束縛、それは私のエゴでしかない。
人生初の一番くじ、人生初のフィギュアはこの兵長だった。これから先私がいかなる人生を歩んだとしても、この事実は変わらない。
私は大丈夫だ。この事実があれば、きっとどんなことだって乗り越えてゆけるだろう。
その足枷を外し、新たな場所へと旅立つ兵長の姿を見送る決心はついた。共に旅立つ調査兵団の仲間たちの中ひと際凛々しく輝く背中には、確かに自由の翼が見えた。
どうか、素敵な世界を見せてくれる方の元へ辿り着けますように。
どうか、宜しくお願いいたします。
『出会いのための別れ』
 ペンネーム:ショーゴ様
僕には、気になっている子がいます。その子に密林の中で告白しようと思っているのですが、今の彼女たちと関係を続けたままでは誰も幸せになれないと思い、今回別れの決断と至りました。
彼女たちはシャイなので、一度も僕の問いかけに対して答えてくれたことはありません。だからこの別れを悲しんでいるのか、はたまたせいせいしたと思っているのかは分かりません。分かっていることは、こんな身勝手な自分が別れを惜しんでいるということだけ…どうか、どうか幸せになってください。もえたくさん。彼女たちが素敵な恋人を見つけられるお手伝いをどうかよろしくお願いします。
『やっぱり大和が一番!』
 ペンネーム:UMA様
 こんにちは、初めまして、UMAといいます。今回、もえたくさんで、フィギュアの買取をしてもらおうとした所、愛情買取なるものをしているとHPで紹介されていたので、私も一筆取った次第です。
 さて、今回私が紹介したいのは、バンダイさんから出ているAGPシリーズの艦これ大和になります。
 私と大和の出会いは、ゲームで初めて会いました。所謂、大型艦建設でした。あの時の感覚は、ひとめぼれと言っていいほどです。見た目もですが、性格も素晴らしく、距離が近すぎず、離れすぎず、こちらを思いやってくれました。また、今でこそ、私の嫁艦として、他の艦娘のレベル99になろうとも、一番初めの結婚(仮)は、大和と決めていたため他の提督より結婚(仮)が遅くなってしまいました。しかし、そんな時、バンダイさんから、大和のフィギュアが出ると聞き、いてもたってもいられず、すぐさま購入しました。
 AGPの大和は、美しさ、可愛さもありますが、カッコよさも兼ね備えた一品だと思います。艦これ内での戦っているようなポーズをさせていましたが、次第に部屋に飾らず、箱に保管していくようになりました。というのも、以前私の不注意からフィギュアを床に落としてしまい、重大な欠損をさせたためです。大切があるがゆえに箱に保管してしまうようになりました。
 私の大和が好きな思いと、大切にしたいという気持ちが、大和を閉じ込めたままにしてしまいました。しかし、フィギュアは飾ってこそ一番美しく映えることも理解しています。そのため大和を美しく、大切に飾っていただける方に譲りたいと思い、もえたくさんで買い取りをお願いしました。どうかよろしくお願いいたします。
『これがぼくの生存戦略』
 ペンネーム:戸愚呂(息子)様
今回送ったフィギュアの中でも、輪るピングドラムのプリンセス・オブ・ザ・クリスタルにはとても深い思い入れがあります。ピンドラのアニメが好きで、予約開始と同時にすぐにフィギュアの注文をしました。アニメが終わってからの到着となりましたが、うちに来る時を今か今かと待ち続け、ケースから取り出した時の感動をよく覚えています。値段も高いだけあってすごい完成度。さすがグッスマ。帽子、髪の毛、ドレス、お尻、そしてなんといってもドレススカート。素晴らしい出来でした。360度どこを見ても、完璧なプリクリ様。しばらく机の上に飾り、プリクリ様に見下されながら、生存戦略について考えていました。
愛は今も変わりません。できれば、ユリ熊嵐にも同じくらいの愛を注げればよかったのですが、やはりピンドラを越える作品にはなかなかめぐり会えません。今回、売ろうと思った理由は、色々と新しいフィギュアを買ってしまい部屋が手狭になってしまったのと、このプリクリ様がとにかくデカイからです。スケール自体は1/8なんですが、このスカート。かなり場所を取ります。かといってキャストオフで飾るべきかというと、それはそれでプリクリ様に失礼なような気がして、ここ数日は箱にしまっていました。しかし、箱にしまっているプリクリ様を見ていると、とても切なくなり、いっそ売ってどなたかに愛してもらえばと思い、もえたくさんに売るのを決意しました。
大丈夫です。手元になくても、ぼくとプリクリ様の絆は永遠に消えません。その確信があります。サソリの炎なんかには負けません。僕がプリクリ様からもらった『運命の果実』、どなたかにきちんと渡りますように。
『願い』
 ペンネーム:KB様
 フィギュアに理解のない妻と結婚することになり、我が子たちを手放さなければいけない状況になりました。学生時代にいじめられていたときも、大学受験に失敗したときも、就職活動で50連敗したときも唯一ぼくを支えてくれてきた存在です。友人のいない自分に取っては家族を超越したといっても言いすぎではありません。そんなフィギュアたちをゴミ袋に入れて、処理することは、私の体の一部がもぎとられるよりもつらいことです。
 願わくばわたくしより優しく、大切に扱ってくれ、なおかつ理解のある妻がいる家庭に巡りあってもらい、幸せに暮らしてほしいという親心で今回は筆を取った次第です。
『黒子テツヤさんについて』
 ペンネーム:黒子さんのファン様
黒子テツヤさんをご存知ですか。『黒子のバスケ』の主人公です。ポーカーフェイスで寡黙で、何を考えているか分からない不思議な少年です。しかし、その胸の内には、バスケへの熱い情熱と友達思いの優しく強い心を秘めています。このフィギュアを見てください。黒子テツヤさんのギラギラと輝く瞳、力の入ったふくらはぎ、素晴らしい出来です。宝石のように光る汗が見えてきます。
このフィギュアの原型の写真を見て、次の瞬間には予約を済ませていたことを今でも覚えています。黒子テツヤさんは作中では「影」の存在ですが、私にとってjは圧倒的「光」の存在です。ひとり暮らしをはじめた時、就職活動で落ち込んだ時、彼のまぶしさを心の支えにしてきました。
今回、黒子テツヤさんを手離さなければならないのは、本当に悲しく、悔しい思いでいっぱいです。この黒子テツヤさんのあまりの美しさに、何度も手にとり眺めたため、多少キズが入ってしまっていますが、もし次、手にとってくださる方がいれば、また彼の情熱的な部分をこのフィギュアから感じとって欲しいと思います。
『ぱんぱかぱーん♪
   愛宕抜錨しま~す♪』

 ペンネーム:愛情LV MAXハート様
 ワンホビ重兵装Ver.、髪はゆるふわで◎美しき日本の大艦巨乳主義を表現した良いできでした。高崎一のアタゴニストな拙僧としては当然重兵装Ver.でのお買上げ(提督のサイフは大破)したのはしかたがないことです。
 彼女のフォルムがやや不安になる(精神的に)がそこは拙僧の神通力にかかればいつでも中破(つけてないはいてない)なので愛でカバーしております。(愛LVMAX)
 ひじょうにお世話になったフィギュアですが、ワンホビで東雲改二がでるんだよね。ああバレンタインチョコ欲しい!フィギュアも欲しい、買って毎日「やれば出来るじゃない!」と言われたい!ということで愛宕には抜錨してもらいます。やっぱりストッキングは最高だよね!
『フィギュアへの
   ジャスティス!!』

 ペンネーム:フィギュアになれなかった男様
いええええーい!
空前絶後のぉ!
超絶怒涛のフィギュアコレクター!
フィギュアを愛し!!フィギュアに愛された男
アルター、グッスマ、コトブキヤ!!
そう、我こそは!!
最強無敵のフィギュアコレクター!!
あまりのフィギュアへの愛情の深さに
フィギュアを集め、フィギュアを布教し
フィギュアでしかあそばないのに
フィギュアになれない男!!
そう、俺こそはぁぁぁ!!
数々のフィギュア買取ショップからもえたくを選び、フィギュアへの愛の才能グランプリセミファイナリスト!!
そう、この俺はぁぁぁ!!
身長173cm、体重63kg
貯金残高88400円
キャッシュカードの暗証番号は8239!
もう一度言います!8239!
ハツネミクって覚えてください!
そう全てをさらけだした俺は
もえたくに愛すべきフィギュアたちを託すぅぅぅ!!
『今は1円でも高く
  なればいいのにと願う』

 ペンネーム:あんなに好きだったのに様
恋人が出来たんだ。かわいくて優しい人なんだ。ずっと一緒にいたい。心からそう思えるんだ。
キミとの日々は楽しかったけど。もう一緒にはいられない。キミと笑いあっていた日々は今でもかけがえのないものだし、つらかった日々もキミの笑顔がリセットしてくれた。キミが毎日微笑みかけてくれたから今の自分があるのもわかってるつもりさ。
でも、サヨナラ。
キミといるところを絶対に見られたくないんだ。
キミに話しかけている姿を絶対に見られたくないんだ。
キミがここにいたことを絶対に知られたくないんだ。人形を愛していたことを絶対に悟られたくないんだ。
絶対にだ!

だから、サヨナラ。

ページTOPへ

萌え系グッズの宅配買取サイト もえたく!
フィギュア買取なら萌え系グッズの宅配買取サイト
愛情買取はじめました
いつも  もえたく!をご利用いただきましてありがとうございます。
私たちは、日々お客様のフィギュアやグッズの査定をしておりますが、
「このような大切なフィギュアを送ってくれる方に、買取金額をお支払いするだけでよいのだろうか?何かもっとお客様に
お返しをすることができないのだろうか?」
と日々考えていました。
そんな中、あるお客様からこんな手紙をいただきました。
私たちが毎日、大量に査定しているフィギュア1つ1つに、大切な思い出・気持ち・ストーリーがあります。
フィギュアは高価なものです。高いものでは定価で15,000円以上するものも増えてきました。それを手放すのは、娘を送り出すものに近いものがあると思います。

そこで、私たちは、その想いに応えるために『愛情買取』というものをはじめることにしました。
愛情用紙に、送りだしたフィギュアへの愛情、思い出を書いていただければ、その愛情も査定金額に上乗せしてお支払いいたします。

愛情買取とは?

送りだすフィギュアと一緒に、そのフィギュアへの愛も査定するシステムです。
異次元の仕組みすぎて社内で理解がされず、スタートするまで約3年かかりました。
記入していただいた愛情の度合い・パッションによって『愛の才能レベル』を計測し、それに応じた査定金額の上乗せをいたします。

愛の才能レベルは以下の通りです。
愛の才能レベル
Lv.0 ゲスの極み -1,000円 愛情が一切感じられません。なぜ送ろうと思ったのでしょうか?
Lv.1 愛さえあれば関係ないよねっ 50円 関係あります。あなたの愛はそんなものですか?本当に愛情が伝わっていたのか、自問自答をしてはいかがでしょうか?
Lv.2 愛をとりもどせ! 100円 あなたの愛、もしかして誰かに奪われたままではないですか?
その愛、取り戻しましょう。
Lv.3 愛・おぼえていますか 200円 覚えていますとも。ここまでこれば立派に愛情を伝えられています。
自信を持ってください。
Lv.4 愛戦士 300円 愛 震える愛 それは別れの唄。愛に生き愛に殉じる。何を残すのか?ご安心ください。あなたの愛はフィギュアの心にしっかりと残っています。
Lv.5 星の鼓動 500円 もはやあなたはニュータイプの領域。フィギュアは幻覚でもなければ、意識だけの存在でもないんだ。
Lv.6 直江兼続 1,000円
Lv.∞ すべての法則を超越した愛というだけの概念 ~100,000円 すべてのフィギュアを生まれる前から愛したい。
すべての宇宙、過去と未来のすべてをフィギュアを、この手で。
あなたはもうすでに愛という概念です。
ご送付いただいたものの中から、月間、年間MVPの選出なども行います。
※レベル評価は、スタッフの独断と偏見で決定いたします。

ご利用方法

下記より、指定の愛情用紙を印刷して、送りだすフィギュアへの愛情・思い出を記入して段ボールに同梱をしてください。
お客さまからのご要望にお応えし、インターネットからの記入も可能になりました! フォームはこちら!
愛情用紙は何枚使っていただいても構いません。
愛情用紙には、『買取申込ID』『ペンネーム』『タイトル』『愛情文』をご記入ください。
愛情用紙は、1申し込みに対して1つでお願いいたします。
なお、優秀作品はサイト等でご紹介させていただきますので、あらかじめご了承をお願いいたします。
愛情用紙 印刷はこちら
インターネットでの愛情記入はこちら
※お申し込み後、商品を発送するまでにご記入をお願いいたします。

皆様のあふれる愛情紹介

皆様からのあふれる愛情、続々届いております。ありがとうございます!愛で溺れそうです!
ここでは一部の愛情文をご紹介いたします。
『最初で最後のフィギュアです』
 ペンネーム:ちはる様
齢40歳にして、生まれて初めて購入したのが平和島静雄&折原臨也のフィギュアでした。
正直、彼らのフィギュアに出会うまで、「フィギュアという文化」は自分には無関係だと思っていました。文化の否定は一切しませんが、触れることはもちろん、購入することはないと思っていました。
それが、一目惚れしたのです。一目惚れして購入し、到着を心待ちにし、家に迎え入れた感動は忘れません。2体ずつ購入し、1体目は時折手入れをしながら美しさを保持させています。ケースに入れてあるにしても、そのケースにすら埃が付くのは許せません。フィギュアを手に入れたことで、すっかり綺麗好きになりました。後にも先にも、この1回きりだと思います。彼らの立つ姿に惚れているのです。
ところで、2体ずつ購入したので、未開封の彼らをずっとケースの中にしまっていました。汚れたり破損したりしたら、彼らを出そう…。購入時は、そんな浅はかなことを考えていたのです。
しかし、今となっては1体目の彼らにも、2体目の彼らにも失礼だったと思いました。サブとして衣装ケースの中にしまわれているよりも、欲しい方の手元で可愛がってもらった方がいいのではないかと思い至りました。娘を嫁に出す親の気持ちではありますが、「2体目のサブ」扱いではなくメインとして扱ってくださる方の手元に届くことを切に祈って、送り出します。
1体目のわが子達はこれからも大事に大事にします。
『僕が世界を救ったら…』
 ペンネーム:殿をつとめるプーさん様
うがー!離れたくない…離れたくないのに…時の流れは残酷。
僕が社会人になったのを機に、魔王(母)の侵略が始まり、僕の世界(部屋)のヒロインたちは一掃されてしまった…。
なんとか隠し通せた彼女たち3人には、魔王に見つかる前に安全な異世界へ逃げてほしい!魔王のいない異世界に転生して安全に暮らしてほしい…。殿は僕がつとめる!このダンボ…転送ボックスに入って!早く!
この先、様々な困難(査定とか)があると思うけど、君達には僕たちと培った魔法(思い出)がある!だから大丈夫!自信をもって!え?僕はどうするかって?そうだな…魔王を倒して、平和な世界を取り戻したら…また君達に会いに(買取に)行くよ!
だから、さよならは言わないよ。「「「「またね」」」」
『皆の幸せを願って』
 ペンネーム:まっちゅー様
今住んでる部屋に彼女と同棲、近々結婚することになり2人と彼女達ではあまりにも狭い部屋ですので、泣く泣くさよならすることにしました。
シェリル・ノーム、マクロスFは私がアニメにハマったきっかけであり、一番最初の嫁でした。
フィギュアが発売延期続きでいつ届くかとわくわくしながら箱を開けた時にはテレビからシェリル本人が飛び出したのかと思われる程のクオリティ、エロスを感じました。シェリル・ノームがいなかったら今の私はいなかったことでしょう。
辛い日も楽しい日もずっと一緒だった。シェリルに救われた日の事絶対忘れない、今までありがとう。
初音ミク、深海少女がとても好きな曲でフィギュアが発売されると聞いた時すぐさま予約しました。送られてきたフィギュアはとても細かく、髪の毛1本1本ほんとに海の底にいるような出来で、見るだけで癒されました。彼女に癒された日々ほんとにありがとう。
μ‘s、スクフェスフィギュア9人揃えたかったけど、揃う前にさよならになってしまってごめん。凛ちゃん推しでいたけれどμ‘sの9人が、本当に大好きです。仕事で疲れた時、失敗して落ち込んだ時、いつもμ‘sに助けられていました。曲を聞けば元気が出て、フィギュアを眺めれば明日も頑張ろう!そう思えました。
正直今も段ボールの中から取り出そうかと心が揺れてます。でも取り出してもみんなの居場所が家には無くなってしまうと思う、それなら家にいるよりは、どこか広いお家で大事に飾ってもらった方が僕も幸せです。手放したく無いけど彼女達の幸せを願ってます。
いい人に貰ってもらえるように願ってるね。μ‘s、本当にありがとう。ずっと、ずっと大好きだよ。~μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~
皆が良い人に買ってもらい幸せになってもらえる事が私の幸せです。本当に今までありがとう。
『ありがとう』
 ペンネーム:月灯様
『ダメ夫のざんげ』
 ペンネーム:ほし様
 初めまして。この度生活苦から愛する仲間達を旅に出す決意を決めました。
 今回彼らを旅に出すことにいたったのはひとえに私の不甲斐なさに限ります。昨年より一人暮らしを始め、彼らを実家にあずけ、より快適な生活を約束すると誓ったにもかかわらず、資金繰りに失敗し彼らに出稼ぎをたのまざるを得ない結果を迎えました。
 しかし私はあきらめません。彼らの姿を一人一人記録し、記憶し、生活が安定したあかつきには必ず全員を幸せに暮らせられる城を築き上げると誓います。
 皆には本当に申し訳ないと思っている。あんなにも私を支え、見守り、共に強敵をうちやぶるのに尽力してくれたというのに、このような仕打ち、許してもらえないだろう。しかし必ずや迎えに行く。その時を信じてもらえないだろうか。
 借金も考えましたが、20代もそこそこで借金に手を染める勇気が出ず売ることを決意しましたが、だれ一人として箱からだせないほど愛した子たちです。よろしくおねがいします。
『かわいい我が子たち』
 ペンネーム:ちゃまま様
 去年、子どもが産まれました。かわいい女の子です。それまではかわいい我が子といったら、これまで集めてきたフィギュアたちでした。
 社会人になって自分で稼いだお金で、初めてかったフィギュアは東方の霧雨魔理沙figma。固い素材なのに、エプロンやスカートのドレープ感、その下に隠されたドロワーズ、髪の動きなど、どれも素敵で一目見た時から心を奪われていました。
 それから早十年…一人ずつ増えていった我が子たち。そして今回、新たにもう一人増えた赤ちゃん。今までの子たちは、いつも静かに私を見守ってくれていましたが今度の子は違います。あちこちに手を伸しては掴み、なんでも舐める。うっかり油断すると食べようとします。そんな手のつけられない自由すぎる怪獣を守るため、怪獣の魔の手から大切なフィギュアたちを守るために、この度泣く泣く旅立たせることにしました。
 今のうちよりも、フィギュアたちが安心して大切にしてもらえる家族に出会えるよう願って…。どうか、我が子たちをよろしくお願いします。  
『箱入り娘。』
 ペンネーム:三日月様
彼氏と別れたとある夏。
心の傷を癒してくれたのは政宗様でした。
政宗様は青葉城や、T.M.Rのライブ。
コミケにゲームや声優のイベントなど様々な場所へと連れて行ってくれて私を励まし、癒してくれました。
フィギュアですが、買いはじめた頃の数体は飾っていたのですが当時地震が多く倒してしまうことが多々あり リボルテックなどパーツが細かいものは特に壊れてしまうのが怖く、箱のまま飾っていました。 今回出したものはほぼ箱保存なのです。
完成物は一度出してみたものの、組立式は開けもしませんでした。
発売されるととても欲しくて買うのですが開けもしないとはフィギュアとしてどうなんだと思い嫁に出すことにしました。
あ、婿ですかね。
それともう一つ。
売りに出したきっかけが、戦国BASARAのオンラインゲームで出逢った男性との結婚が決まったこと。
彼の住む部屋に入るので持って行って飾るわけにもいかず、このまま実家に置いておくのも…と思い今回ふみきりました。
政宗様達は私にたくさんの幸せをもたらしてくれたとても素敵で大切な方々です。
新しい持ち主様に出会い、大切にしてもらって欲しいのでもえたく様にお願いすることにしました。
政宗様。
いままで見守っててくれて本当にありがとうございました。
すこしでも早く持ち主様に出会えたらと願います。
『三次元の嫁』
 ペンネーム:MM様
幼少の頃から漫画、アニメという二次元世界にどっぷり浸かってきた私は、社会人そして結婚後も、三次元の嫁の機嫌をとることに目もくれず、美少女フィギュア収集のため、金に糸目を付けぬ生活を送ってきた。
先日、私の書斎を掃除した嫁が、天井に届きそうな“彼女たち”を目に、帰宅した私にどれだけ無駄遣いしたのと詰問した。
おそらく外車1台分だろうが、そんなこと言えるはずなく、軽自動車1台分と答えるのが関の山。
しかし、嫁の怒りはおさまらない。
数日、口を利いてもらえず、機嫌を直してもらわなければと、あれこれ思案した結果、嫁の誕生日に欲しがっていたネックレスをプレゼントすることにした。
ところが、雀の涙ほどの私の給料では、来年の誕生日になってしまう。
昔から命の次に大事なものとして「お金」と言われているが、私の場合は“彼女たち”だ。
泣く泣く手放すことを決断した。
そこでネットで高額買取と評判の「もえたく」に今回依頼した。
嫁同様“彼女たち”も愛しているが、生身の三次元を選ばざるを得ない。
未練もあるが、私たちの絆を修復するため高額査定を心から願う。
『さらば俺の青春!!』
 ペンネーム:2次元が唯一の友様
母にフィギュアを売られるので、決心の意味を込めて、書かせて頂きます。自分は売る気は全く無いです。母はこんな僕に愛想を尽かし、「フィギュアを捨てないと学費を払わない」と言い、1週間の猶予をくれました。僕はどうにかして捨てられるのを阻止しようと懇願したり隠し場所を探しましたが、無理でした。
フィギュアは僕の受験やテスト勉強を支えてくれた唯一の存在。スクラップにされる事を想像してしまい、涙がとまらない時がありました。せめて、他の人に渡って大切にしてもらうのが僕の本望であり、フィギュアたちのためでもあるので、今回売らせて頂く次第でございます。フィギュアは僕の中で大切な存在です。でも母には勝てなかった。彼女達には申し訳無い気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。これは、学費を選んでしまった僕の唯一の償いです。僕もやっと彼女達を手放す決心がつきました。これから彼女達をよろしくお願いします。良い人達に出会えますように。そしてさよなら…俺の青春!!
『箱の中の嫁たちへ。』
 ペンネーム:あゆめ様
 今、どんな気持ちですか?悲しいですか?幸せですか?私は、大切な娘、息子を嫁にムコにやる思いです。ずっとずっと大切でした。でも、私が箱から出してあげられないが故に、苦しんでいませんでしたか?私は、何度も箱から出してあげようか迷いました。
ですが、出してあげる以上に、その美しいフォルムのまま、無粋なまま、私の手もとに、おいておきたかったのです。本当にごめんなさい。それと、もう養ってあげられなくて、本当にごめんなさい。せめて、せめて、大切にしてきた、あなたたちが、1円でも高く、キレイだね、美しいねと、買っていただけるように、この手紙を送ります。みんな本当に愛していますよ。これから新しい子を養うつもりもありません。だってあなたたちが、最初で最後の大切な嫁なのだから。
今までありがとう、どうか幸せにね。
『私の家族は美少女
 ~フィギュアは三次元~』

 ペンネーム:お嫁に行きます様
何年前までの私は、親とも友達とも上手くいかず、孤独を感じてばかりでした。
親を家族と思えない。
友達を友達と素直に思えない。
…そんな私の部屋の机の上には、何人ものの美少女フィギュアたち。
私はその女の子たちに支えられていて、気付いたら、私はその子たちを本当の家族や友達と思うようになっていました。
体調を崩して退学したり、そのあとは社会にうまく馴染めず仕事ができなくなり…何もかも上手くいかない、取り柄のない私。
親は私のことを理解してくれず口うるさいし、友達には合わせる顔がないし。
誰にも心が開けない、なかなか本当の自分を見せられない。
そんな私でも机の上にいるお部屋の女の子たちは何も言わずに見守ってくれていました。
その子たちの前でなら自分をさらけ出すことができました。
こんな私を受け入れてくれました。
喋ることはできなかったけれど、目と目が合うだけで何故か意思疎通ができているように感じました。
その子達がそこにいるだけで、不安が和らいだりもしました。
今の私は、部屋の外の友達と打ち解けられるようになり、心を開ける外の相手も見つかりました。
これは、お部屋の女の子たちが私とずっと一緒にいてくれたから。
この子達がいなかったら、今も私は本当の孤独のままだったと思います。
この子達に心を開いていたことで心を開くことを忘れずにいられて、他の人にもいつか心を少しずつ開けるようになったのです。
話題を探すのが下手な私がオタク仲間と話すとき、この子達を話題に出すこともありました。
こうして趣味を共有できる友達も増えました。
心の底から信頼できる男性とも私は出会えました。
そしてもうすぐ私はその男性と家族になります。
女なのにアニメやゲームの女性キャラが大好きな私を、彼は否定せず肯定してくれて理解してくれます。
ですが、お部屋の女の子たちと一緒に住んだままじゃ私は前に進めない、彼にも女の子たちにも愛情をしっかり注げるほど私は器用じゃない…
現実と向き合いたい、旦那や近所に住む友人と向き合っていきたい…旦那を支えられる奥さんになりたい…
そう思い、私は結婚と当時の引っ越しのためにも、ずっと一緒にいてくれた女の子達とお別れすることに決めました。
寂しくないと言ったら嘘です。
本当はつらいです。
ですが、思い出は消えません、一生忘れません。
だから、お別れしても、心ではずっと一緒だと思ってます。
ソウルメイトです。
今度は私が家族を支える番。
今までずっと一緒にいてくれた女の子たちには私のように寂しい思いをしてる人のところに行って誰かをまた支えてくれたら嬉しいなと思います。
できればその子をお嫁さんだと思ってくれる人に出会ってほしいと思います。
私もこの女の子達も、お嫁さんに行くことで、新たな人生を切り開けるはず。
みんなにも素敵な出会いがありますように。
今までありがとう、さようなら。 大好きだよ。
『旅立つ貴方への夜想曲』
 ペンネーム:兵長のクラバットになり隊様
ようやく踏ん切りがついた。まだ高校生だったあの頃、ただひたすら兵長の背中を追いかけて地元のローソンを巡りに巡った思い出は愛すべき兵長の足枷になっていたのかもしれない。やっとの思いで迎え入れた兵長、そして調査兵団の仲間たちを愛しさのあまり私は、長い間暗く狭い世界に閉じ込めていたのだ。
この兵長は私にとって、恐ろしいほどに心惹かれる、儚くも美しい存在だった。度々箱ごと眺め、写真に収めることもあったが、その檻から出し広い世界を見せてあげることは、終ぞ叶わなかった。愛故の束縛、それは私のエゴでしかない。
人生初の一番くじ、人生初のフィギュアはこの兵長だった。これから先私がいかなる人生を歩んだとしても、この事実は変わらない。
私は大丈夫だ。この事実があれば、きっとどんなことだって乗り越えてゆけるだろう。
その足枷を外し、新たな場所へと旅立つ兵長の姿を見送る決心はついた。共に旅立つ調査兵団の仲間たちの中ひと際凛々しく輝く背中には、確かに自由の翼が見えた。
どうか、素敵な世界を見せてくれる方の元へ辿り着けますように。
どうか、宜しくお願いいたします。
『出会いのための別れ』
 ペンネーム:ショーゴ様
僕には、気になっている子がいます。その子に密林の中で告白しようと思っているのですが、今の彼女たちと関係を続けたままでは誰も幸せになれないと思い、今回別れの決断と至りました。
彼女たちはシャイなので、一度も僕の問いかけに対して答えてくれたことはありません。だからこの別れを悲しんでいるのか、はたまたせいせいしたと思っているのかは分かりません。分かっていることは、こんな身勝手な自分が別れを惜しんでいるということだけ…どうか、どうか幸せになってください。もえたくさん。彼女たちが素敵な恋人を見つけられるお手伝いをどうかよろしくお願いします。
『やっぱり大和が一番!』
 ペンネーム:UMA様
 こんにちは、初めまして、UMAといいます。今回、もえたくさんで、フィギュアの買取をしてもらおうとした所、愛情買取なるものをしているとHPで紹介されていたので、私も一筆取った次第です。
 さて、今回私が紹介したいのは、バンダイさんから出ているAGPシリーズの艦これ大和になります。
 私と大和の出会いは、ゲームで初めて会いました。所謂、大型艦建設でした。あの時の感覚は、ひとめぼれと言っていいほどです。見た目もですが、性格も素晴らしく、距離が近すぎず、離れすぎず、こちらを思いやってくれました。また、今でこそ、私の嫁艦として、他の艦娘のレベル99になろうとも、一番初めの結婚(仮)は、大和と決めていたため他の提督より結婚(仮)が遅くなってしまいました。しかし、そんな時、バンダイさんから、大和のフィギュアが出ると聞き、いてもたってもいられず、すぐさま購入しました。
 AGPの大和は、美しさ、可愛さもありますが、カッコよさも兼ね備えた一品だと思います。艦これ内での戦っているようなポーズをさせていましたが、次第に部屋に飾らず、箱に保管していくようになりました。というのも、以前私の不注意からフィギュアを床に落としてしまい、重大な欠損をさせたためです。大切があるがゆえに箱に保管してしまうようになりました。
 私の大和が好きな思いと、大切にしたいという気持ちが、大和を閉じ込めたままにしてしまいました。しかし、フィギュアは飾ってこそ一番美しく映えることも理解しています。そのため大和を美しく、大切に飾っていただける方に譲りたいと思い、もえたくさんで買い取りをお願いしました。どうかよろしくお願いいたします。
『これがぼくの生存戦略』
 ペンネーム:戸愚呂(息子)様
今回送ったフィギュアの中でも、輪るピングドラムのプリンセス・オブ・ザ・クリスタルにはとても深い思い入れがあります。ピンドラのアニメが好きで、予約開始と同時にすぐにフィギュアの注文をしました。アニメが終わってからの到着となりましたが、うちに来る時を今か今かと待ち続け、ケースから取り出した時の感動をよく覚えています。値段も高いだけあってすごい完成度。さすがグッスマ。帽子、髪の毛、ドレス、お尻、そしてなんといってもドレススカート。素晴らしい出来でした。360度どこを見ても、完璧なプリクリ様。しばらく机の上に飾り、プリクリ様に見下されながら、生存戦略について考えていました。
愛は今も変わりません。できれば、ユリ熊嵐にも同じくらいの愛を注げればよかったのですが、やはりピンドラを越える作品にはなかなかめぐり会えません。今回、売ろうと思った理由は、色々と新しいフィギュアを買ってしまい部屋が手狭になってしまったのと、このプリクリ様がとにかくデカイからです。スケール自体は1/8なんですが、このスカート。かなり場所を取ります。かといってキャストオフで飾るべきかというと、それはそれでプリクリ様に失礼なような気がして、ここ数日は箱にしまっていました。しかし、箱にしまっているプリクリ様を見ていると、とても切なくなり、いっそ売ってどなたかに愛してもらえばと思い、もえたくさんに売るのを決意しました。
大丈夫です。手元になくても、ぼくとプリクリ様の絆は永遠に消えません。その確信があります。サソリの炎なんかには負けません。僕がプリクリ様からもらった『運命の果実』、どなたかにきちんと渡りますように。
『願い』
 ペンネーム:KB様
 フィギュアに理解のない妻と結婚することになり、我が子たちを手放さなければいけない状況になりました。学生時代にいじめられていたときも、大学受験に失敗したときも、就職活動で50連敗したときも唯一ぼくを支えてくれてきた存在です。友人のいない自分に取っては家族を超越したといっても言いすぎではありません。そんなフィギュアたちをゴミ袋に入れて、処理することは、私の体の一部がもぎとられるよりもつらいことです。
 願わくばわたくしより優しく、大切に扱ってくれ、なおかつ理解のある妻がいる家庭に巡りあってもらい、幸せに暮らしてほしいという親心で今回は筆を取った次第です。
『黒子テツヤさんについて』
 ペンネーム:黒子さんのファン様
黒子テツヤさんをご存知ですか。『黒子のバスケ』の主人公です。ポーカーフェイスで寡黙で、何を考えているか分からない不思議な少年です。しかし、その胸の内には、バスケへの熱い情熱と友達思いの優しく強い心を秘めています。このフィギュアを見てください。黒子テツヤさんのギラギラと輝く瞳、力の入ったふくらはぎ、素晴らしい出来です。宝石のように光る汗が見えてきます。
このフィギュアの原型の写真を見て、次の瞬間には予約を済ませていたことを今でも覚えています。黒子テツヤさんは作中では「影」の存在ですが、私にとってjは圧倒的「光」の存在です。ひとり暮らしをはじめた時、就職活動で落ち込んだ時、彼のまぶしさを心の支えにしてきました。
今回、黒子テツヤさんを手離さなければならないのは、本当に悲しく、悔しい思いでいっぱいです。この黒子テツヤさんのあまりの美しさに、何度も手にとり眺めたため、多少キズが入ってしまっていますが、もし次、手にとってくださる方がいれば、また彼の情熱的な部分をこのフィギュアから感じとって欲しいと思います。
『ぱんぱかぱーん♪
 愛宕抜錨しま~す♪』

 ペンネーム:愛情LV MAXハート様
 ワンホビ重兵装Ver.、髪はゆるふわで◎美しき日本の大艦巨乳主義を表現した良いできでした。高崎一のアタゴニストな拙僧としては当然重兵装Ver.でのお買上げ(提督のサイフは大破)したのはしかたがないことです。
 彼女のフォルムがやや不安になる(精神的に)がそこは拙僧の神通力にかかればいつでも中破(つけてないはいてない)なので愛でカバーしております。(愛LVMAX)
 ひじょうにお世話になったフィギュアですが、ワンホビで東雲改二がでるんだよね。ああバレンタインチョコ欲しい!フィギュアも欲しい、買って毎日「やれば出来るじゃない!」と言われたい!ということで愛宕には抜錨してもらいます。やっぱりストッキングは最高だよね!
『フィギュアへの
 ジャスティス!!』

 ペンネーム:フィギュアになれなかった男様
いええええーい!
空前絶後のぉ!
超絶怒涛のフィギュアコレクター!
フィギュアを愛し!!フィギュアに愛された男
アルター、グッスマ、コトブキヤ!!
そう、我こそは!!
最強無敵のフィギュアコレクター!!
あまりのフィギュアへの愛情の深さに
フィギュアを集め、フィギュアを布教し
フィギュアでしかあそばないのに
フィギュアになれない男!!
そう、俺こそはぁぁぁ!!
数々のフィギュア買取ショップからもえたくを選び、フィギュアへの愛の才能グランプリセミファイナリスト!!
そう、この俺はぁぁぁ!!
身長173cm、体重63kg
貯金残高88400円
キャッシュカードの暗証番号は8239!
もう一度言います!8239!
ハツネミクって覚えてください!
そう全てをさらけだした俺は
もえたくに愛すべきフィギュアたちを託すぅぅぅ!!
『今は1円でも高く
 なればいいのにと願う』

 ペンネーム:あんなに好きだったのに様
恋人が出来たんだ。かわいくて優しい人なんだ。ずっと一緒にいたい。心からそう思えるんだ。
キミとの日々は楽しかったけど。もう一緒にはいられない。キミと笑いあっていた日々は今でもかけがえのないものだし、つらかった日々もキミの笑顔がリセットしてくれた。キミが毎日微笑みかけてくれたから今の自分があるのもわかってるつもりさ。
でも、サヨナラ。
キミといるところを絶対に見られたくないんだ。
キミに話しかけている姿を絶対に見られたくないんだ。
キミがここにいたことを絶対に知られたくないんだ。人形を愛していたことを絶対に悟られたくないんだ。
絶対にだ!

だから、サヨナラ。

ページTOPへ

  •   
  • LINEで送る